東京の三大名門公立小学校〜港区立青南小学校の学区域に暮らす

季節を問わずお客様から寄せられるご相談の一つ。

それは、お子様の幼稚園や小学校への入園・入学を機に、マンションや一戸建てなどの住宅を購入したいというもの。

大切な、大切なお子様のこと。
毎日通園、通学するのであれば、できるだけ良い学校に通わせてあげたい。
できれば転校などしないで同じ学校に通わせてあげたい。

いつの時代も多くの親御さんが望まれることです。

真っ白なキャンパスのように、素直にぐんぐんと知識を吸収し、成長を続ける子供たちのこと、日々を過ごす環境が何ごとにも代え難い貴重な財産であることは言うまでもありません。

都内では、幼稚園や小学校から受験をして、私立の学校へお子様を通わせているご家庭が多く見受けられますが、経済的事情やご両親の共働きなどによる時間的制約、教育方針などから、小学校は家の近所の公立に通わせたいというご家庭も実は多いです。
(私立の小学校だと、学校によっては保護者の送迎が必要であったり、給食がなくて毎日お弁当を持たせなくてはならなかったりと、親御さんのご負担が多い場合があります。)

さて、東京には三大名門公立小学校といわれる小学校があるのをご存知でしょうか。

今回は、そのうちの港区立青南小学校について調べてみたいと思います。

東京の三大名門公立小学校とは

東京の三大名門公立小学校といわれるのは、「青南」・「番町」・「白金」小学校です。

青南は、港区立青南小学校。
番町は、千代田区立番町小学校。
白金は、港区立白金小学校。

昔から、青南・番町・白金小学校の卒業生が日比谷高等学校〜東京大学へと進学するケースが多く、人気のエリート進学校としてそのように称されたようです。

青南小学校とは

そのうちの一つ、「青南小学校」とはどのような学校なのでしょうか。

住所は、東京都港区南青山4丁目21番15号。
明治39年に青山小学校より分離して創立された、開校110年を超える由緒ある公立小学校です。

青南小学校の合言葉は、「いつでも どこでも 青南の子」。
青南小学校の伝統として受け継がれているこの言葉に、子供達一人一人の日々の行いが集約されているようです。
いつ何時も、それぞれが青南の子供としての自覚を持ち、考え、行動するのだというプライドが感じられますね。

青南小学校は学区外からの越境入学も多いようで、芸能人や有名人の子弟が多いことでも知られます。
芸術家の岡本太郎さんや、無名塾を主宰している俳優の仲代達矢さん、オノ・ヨーコさんなども青南小学校の卒業生のようです。

青南小学校の第2屋外運動場

青南小学校の学区域

青南小学校がある場所は、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線の「表参道」駅から、みゆき通りを根津美術館の方へ6分ほど歩いていったところ。

通り沿いには外資系のブランドショップなどが点在し、日中は買い物客や観光客などで賑わうエリアです。

港区から青南小学校の学区域として指定されているのは、

西麻布2丁目18番、19番
南青山3丁目5番〜18番、4丁目10番〜28番、5〜7丁目
北青山3丁目5番〜15番

但し、港区では学校選択希望制が採られているため、隣接する学校の区域にお住まいの場合、通学区域外であっても入学を希望することができます。

ただ、やはり通学区域内に住む児童の入学が優先されるため、希望が集中した場合には抽選となり、入学できない場合もあるため注意が必要です。

青南小学校の交通・生活施設

青南小学校は、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線の「表参道」駅から徒歩6分のところに位置します。
一番近い地下鉄の出口はA4出口です。

港区のコミュニティーバス「ちいバス」の青山ルートに乗り、「青南小学校」のバス停で降りるとすぐ目の前が青南小学校です。

指定されている学区域は、青南小学校を中心に、表参道駅周辺や、根津美術館、青山学院大学の近辺、表参道の駅を挟んで反対側の「クレヨンハウス」がある辺りまでとかなり広いです。

根津美術館

普段の生活に欠かせないスーパーマーケットは、青山通り沿いの「紀ノ国屋インターナショナル」「Olympic(オリンピック)青山店」「ピーコックストア青山店」などがあります。
いずれも青山のメインストリート、246号線沿いに位置していますね。

放課GO→クラブせいなんとは

青南小学校には、学校内に「放課GO→クラブせいなん」という学童クラブがあります。

平日などは学校授業終了後から午後7時まで、土曜日は朝から午後5時まで、夏休みなども朝から夜7時まで子供たちを預かってくれます。

月に2,000円ほどかかりますが、おやつも出るようです。

また、一輪車や茶道、華道、手話教室、工作やサッカーなど様々なプログラムが用意されていて、子供たちが有意義に楽しく過ごせるよう工夫がされています。

お子様がまだ小さな低学年などのうちは、放課後学校内でそのままみてもらえるのは、とても安心ですよね。

青南小学校学区域内のマンションや一戸建て

青南小学校の学区域内には、多くのマンションや一戸建てがあります。

王子ホームズ青山

青南小学校の並び、「根津美術館」交差点の角地に建つヴィンテージマンション「王子ホームズ青山」

各部屋100㎡以上のゆったりとした造りで、ホテルライクなフロントサービスやフィットネスジム、そしてなんと敷地内にはガーデンパーティーが楽しめるバーベキューコーナーがあります!

表参道でバーベキュー・・
素敵♪

築年数は古いですが、免震工事が実施されており、外観から内装までリノベーションされているので、安心して快適に暮らせそうです。
青南小学校まで歩いてすぐの距離というのは、お子様にとっても安心ですね。

こちらは高級賃貸マンションになりますので、賃貸でお住まいをお探しの方にお勧めです。

ザ・パークハウスグラン南青山

青南小学校から約80mのところに建つ「ザ・パークハウスグラン南青山」
三菱地所レジデンスが手がける最高級分譲マンションです。

60㎡〜220㎡、1LDK〜3LDKまでの様々なタイプの住戸が全部で101戸あり、コンシェルジュサービスや居住者専用のハイヤーサービス、エントランスにはドアマンが待機するなど、最上級のサービスが用意されています。

内装も、標準装備でミーレやジャクソン社の製品が使用されるなど、最高水準の住環境が揃うマンションです。

中古の売りマンションのほか、賃貸のお部屋もあるのでご希望に合わせて選べるのがいいですね。

プレミスト南青山

「プレミスト南青山」は、青南小学校にほど近い住宅街の中に建つ9階建ての高級分譲マンションです。

1LDK〜5LDKまで幅広いタイプの住戸があり、ホテルライクなフロントデスクやラウンジ、車寄せなど、充実の施設が揃います。

中古のマンションが販売されているほか、賃貸に出されている部屋もあるので、生活スタイルに合わせてお好きな方を選べます。

ザ・アッパーレジデンス南青山

外国人向けの賃貸マンションを、一棟丸ごとリノベーションして誕生した「ザ・アッパーレジデンス南青山」
青南小学校から数分歩いた閑静な住宅街の中にあります。
こちらも、中古のマンションとして販売されていたり、賃貸のお部屋があったりで、ご希望に合わせて選択ができます。

ここではご紹介しきれませんが、青南小学校の学区域内には、他にもまだまだたくさんの分譲マンションや賃貸マンション、一戸建てがあります。

青山不動産テラスでは、市場に出ている不動産物件は基本的にどの物件でもお取り扱いが出来ますので、どうぞお気軽にご相談ください。

そして、青山不動産テラスでは、入居後のインテリアプランまで含めたワンストップサービスも行っており、お客様の時間や手間、費用の節約になるとご好評頂いております。
(→ワンストップサービスについてはこちら

マンションの一室を、リノベーションしたり、インテリアでトータルコーディネートしたいなどのご要望もお寄せくださいね。

まとめ

今回は、東京の三大名門公立小学校の一つである青南小学校について取材してみました。
いかがでしたか。

家や土地、マンションなどの不動産選びは、重要な資産となるだけではなく、大切なお子様が日々を過ごされる学校とも密接な関係があります。

かけがえのないお子様との日々は、その時々だけの貴重なものですので、いつ、どこに、どのように住まわれるのかをイメージして、お住まい探しをしていただけたら嬉しいです。

今日も、ご家族が笑顔で、穏やかにお過ごしになることを心より願って。



ご相談やご不明な点がございましたら、以下のフォーム、またはお電話(03-6427-1022)にて、お気軽にお問い合わせください。 下記フォームに必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。