JAPANTEX 2018〜国内最大級の国際インテリア見本市〜

今年の2018年も、第37回目となる「JAPANTEX(ジャパンテクス)2018」が開催されました。

高円宮妃久子さまのテープカットにより幕を開けた、国内最大級の国際インテリア見本市。
東京ビックサイトにて、11月20日(火)〜22日(木)までの3日間開催されました。

熱心に会場内をご覧になる久子さま

関経済産業省副大臣とダルクデコ株式会社チーフデザイナーの木村

高円宮妃久子さまと関副大臣と木村

インテリアを愛する方々が集まり、非常に和やかなムードの中今年も開催された「JAPANTEX 2018」。
建築+インテリアWEEKとして、「Japan Style × Interior Beauty〜プロフェッショナルたちの祭典」をテーマに開催された「JAPANTEX(ジャパンテクス)」の他に、「Japan Home&Building Show 2018」、「アジア・ファニシングフェア2018東京」、「トイレ産業展2018」、「HOSPEX Japan2018」、「S-design 店舗・商業空間デザイン展2018」など、多くの建築、インテリア関連のイベントが合同開催され、連日多くの来場者で賑わいました。

そんな中、弊社のチーフデザイナー木村は、今年もイベントを主宰する「日本インテリアファブリックス協会(NIF)」の主催者展示ブースと、そのNIFとインテリアコーディネーターの登録団体でもある「インテリア産業協会(JIIA)」の共催ブース『Windows Paradise 2018/JIIA+NIF」のブースの総合プロデュースで参加させていただきました。

Window Paradise 2018の木村の作品

今年の「Windows Paradise2018」のブースは、高齢になっても元気で世話好きな大家さんと、そこに集まって暮らすそれぞれの世代の「住まいの物語」をテーマに、窓装飾に関する高いスキルを持つ「窓装飾プランナー」と、広くインテリアに精通した「インテリアコーディネーター」の二つの資格を持つプロフェッショナルがそれぞれのアイディアやデザイン、知識をもとに様々な展示を行いました。

大家さんの部屋として、静寂と機能のミックスルームをコンセプトに仕上げた空間

子育てママの部屋や、独身女性の部屋、男子学生の部屋など、現代の世相を表すようなシチュエーションの部屋をデザイン展示

多彩なファブリックスを纏わせたFabric Pao

イベントのオープニングセミナーや、インテリアのガイダンスツアーなど、今年も多岐にわたりお手伝いをさせていただくことができました。
微力ながら、インテリア産業界の発展に寄与できれば、、と毎年奮闘しております。
来年は2019年11月13日〜15日まで、同じく東京ビッグサイトにて開催されることが決定しております。
展示会というだけあって、日本各地から集まったインテリア、建築、建設、設備業界のスペシャリストの方の来場が多いように思いますが、インテリア業界を志す学生さんや一般のお客様も多数ご来場されています。

通常は入場料として3,000円かかるようですが、ご希望の方には毎年ご招待券をお渡ししておりますのでどうぞお気軽にお申し付けください。



ご相談やご不明な点がございましたら、以下のフォーム、またはお電話(03-6427-1022)にて、お気軽にお問い合わせください。 下記フォームに必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。