日本最大級の国際インテリア見本市「JAPANTEX(ジャパンテクス)2017」

毎年秋に東京ビッグサイトで開催される、日本最大級の国際インテリア見本市「JAPANTEX(ジャパンテクス)」。

今年は東京ビッグサイトの東4・5ホールで開催

2017年の今年は、11月15日から17日までの三日間開催され、弊社・ダルクデコ株式会社のチーフデザイナー・木村さちこがブースの総合プロデュースをさせていただきました。

担当させて頂いたブースは、インテリアコーディネーターの資格試験を行い登録団体でもある「公益社団法人 インテリア産業協会」と、窓まわりの専門家である「窓装飾プランナー」資格を創設し、このJAPANTEX(ジャパンテクス)というイベントを主催する「一般社団法人 日本インテリアファブリックス協会」の共催企画ブースです。

インテリア産業協会と、日本インテリアファブリックス協会の共催企画「Windows Paradise」のブース

”インテリアコーディネーター”と”窓装飾プランナー”のダブルライセンスを取得しているエキスパート6名が、木村さちこのプロデュースのもと、窓周りのスタイリングを行うという今回の企画。

7つの個性が合わさり、一つの空間を演出するという大変面白いものでした。

木村さちこの他、6名のダブルライセンス保持者のエキスパートたち

木村さちこの作品は、シアー(レース)ファブリックスをふんだんに用いて、ブース全体を見守るファブリックの天使を表現したもので、なんとカーテン用の生地でドレスを仕立てました。

ドレスのデザイン自体も今年の流行のラインを取り入れるなど、随所にトレンドとプロの技を散りばめ、お陰さまで男性、女性、年代を問わず大変ご好評をいただきました。

また、ブース内には国内各メーカーの新作生地を展示するコーナーを設け、同じシアーでも異なる質感や手触り、色味、柄、風合いなどを実際に触って確かめていただけるようにしました。

すべて異なるシアーのファブシックが並ぶコーナー

同じシアー(レース)でも、一つ一つ個性があるまったく異なる生地です

その他にも、来場者を対象としたインテリアツアーや、実際の窓周りを再現してファブリックの使い方を変えるだけでまったく違う雰囲気になることを体現して頂く架け替え展示など、インテリアの魅力を存分にお伝えすることができた三日間となりました。

インテリアツアーのガイドを行っている様子

今までも、各企業のブースのプロデュースをさせていただいたり、セミナーを行ったりと、毎年様々な形で参加をさせて頂いておりますが、業界団体・主催団体のブースを大々的にお任せ頂くというのは初めてで、栄誉あるとても貴重な機会を与えて頂きました。

初日には、高円宮妃もご臨席賜り、木村さちこが会場内をご案内させて頂くという大役も仰せつかり、大変光栄な一日となりました。

ご好意により、笑顔の宮妃と木村のツーショット写真も撮らせて頂いたのですが、失礼にあたるといけませんので、写真をアップするのは差し控えたいと思います。
とてもとても素敵な方でした。

取材を受ける様子

インテリアに関するお困りのことなどございましたら、青山不動産テラスまでお気軽にご相談くださいね。

 



ご相談やご不明な点がございましたら、以下のフォーム、またはお電話(03-6427-1022)にて、お気軽にお問い合わせください。 下記フォームに必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。